2017年12月01日

木鎌

厚鎌などとも言われます。5mmくらいの枝なら切れます。山などで使用します。
鉈と違い、片刃で切れ味重視なので、太い木で無理に使うと刃が欠けます。
kki-1612k.png
It is also said to be a thick sickle. About 5 mm branches can be cut. Used in mountains and so on.
If you force it with a thick tree, the blade will be missing
posted by Takemoto Sickle at 21:00| 製品情報

2017年11月29日

中厚鎌

一番のお勧めの草刈鎌。
薄鎌よりも厚みがあり、茎の太い草でも大丈夫。夏の終わりから冬に入る前までの頑固な雑草の草刈に最適です。丈夫で扱いやすい草刈鎌です。
ktu-1812[1].png
The most recommended sickle.
Ideal for grass cutting of stubborn weeds.
It is a strong and easy-to-handle sickle.
posted by Takemoto Sickle at 22:37| 製品情報

2017年11月27日

刈払鎌

刈払鎌
草刈鎌は草を片手で持って、片方の手で鎌を引くのが標準の使い方ですが、
刈払鎌は草を手で持たず、鎌を振って草を刈る鎌です。
刃のRの部分で草を払い刈ります。
立ったままでの草刈や、溝にかぶさった草などの草刈に大変便利です。
収穫にも使える鋸目付もあります。
kku-1915 刈払鎌.png
This sickle is a scythe that shakes and cuts grass.
This sickle cuts grass at the R part of the blade
This sickle can also work of mowing standing
There are also saw types that can be used for harvesting
posted by Takemoto Sickle at 21:59| 製品情報

2017年11月22日

製品紹介

沢山ある鎌の種類
何を使えばよいかわからない方のためにお勧めの草刈鎌を紹介していきます。
No1 薄鎌
播州鎌が全国に知れ渡るきっかけになった鎌です。
薄い鋼付材使用、片刃で切れ味は最高、研ぎ直しも簡単な草刈鎌の基本です。
薄く作った刃をさらにスキ仕上げで薄くし、切れ味を向上させています。

柔らかい草や収穫にも使用できます。
kus-1811[1].png

Using thin steel material,
Sharpness is the best with single-edged,
Easy re-sharpening
We are making thin blades thin and improving sharpness.
It can be used for soft grass and harvest
posted by Takemoto Sickle at 20:26| 製品情報

2017年11月16日

鎖鎌


展示会用に参考出品として鎖鎌作ってみました。
結構好評で、この鎌で足を止めていただく方や、写真を撮る方もおられました。

展示会用に作ったのは切れるので危険でしたが、
この度、刃をつけていない鎖鎌を製作します。
桐箱なども製作して商品化しようと思ってます。


kusarigama_02.jpg


欲しい方はメールください。
少々時間掛かると思いますが、よろしくお願いします。


posted by Takemoto Sickle at 20:50| 製品情報

2017年10月23日

Sakle

10月21日、22日小野市産業フェスティバル エクラ雑貨市でHiraraが企画、デザインをした新ブランドSakleが販売されました。

台湾でもこそっと展示していたのですが、展示の仕方でここまで違うのかと驚いています。
(前回ブログ参照)

持っていておしゃれな草刈鎌を目指して製作してきました。
私にはまったく考えも出来ない案ばかりで戸惑いもしましたが、
今回の販売でとてもうれしい事がありました。

お客様で、他のお店の鎌を見てから帰ってきて購入されたお客様がいたそうです。

けして安くない商品ですが、この鎌を欲しいと思ってくれたのが、なによりの喜びです。

Sakleを買ってよかった、使ってよかったと思っていただけるように、これからもより良い製品作りに精進します。

IMG_20171021_092045.jpg


posted by Takemoto Sickle at 22:21| 職人日記