2018年04月05日

刃物の話

「はがね」の由来は刃物に用いる金属を意味する「刃金(はがね)」である。
金属学の定義では、Fe-C系2元合金において、C含有量が0.0218 - 2.14%の範囲にある部位である。言い換えると、フェライトのC最大固溶量(0.0218%)からオーステナイトのC最大固溶量(2.14%)までの範囲の部位とも定義できる。Fe-C系2元合金において、C含有量が0.0218%以下のものを鉄と呼び、2.14[mass%]以上のものを鋳鉄と呼ぶ。一方で、極低炭素鋼やステンレス鋼のように炭素の添加がなされない鉄も「鋼」と呼ばれる[2]。国際規格の ISO 4948-1 では、一般的に2.0%以下の含有量の炭素と他の元素を含む鉄の合金を鋼 (英語:steel、フランス語:acier) 定義している
Wikipediaより。

3行くらい読むと、頭がくらくらしますよね。
工場見学に来てくれた人にはいつもこう説明します。

刃物は鉄じゃなくて”鋼”で出来てます。
ハガネは鉄に墨(炭素)を混ぜた物です。

金属勉強してる人から、たぶん殴られます。
でも、それでいいのだ!!
なぜ播州鎌が良いかをゆっくりブログで説明していきます。
不定期ですが。
takemoto_sickle

The origin of the steel means metal used for the cutlery
In the definition of metallurgy, in the Fe - C based binary alloy, the C content is in the range of 0.0218 - 2.14%.
In other words, it can also be defined as a part ranging from C maximum solid solution amount (0.0218%) of ferrite to C maximum solid solution amount of austenite (2.14%)・・・・・
I do not know the correct translation, so I will stop
Look at the Wikipedia

I will always explain to those who came to the plant tour.
The cutlery is made of steel, not iron.
Steel is a mixture of iron and carbon.

I will probably be beaten by someone who is studying metal
But, that's OK.
I will explain slowly why Japanese sickle is good.
It is irregular
posted by Takemoto Sickle at 22:13| 製品情報